三井ホーム 耐震

三井ホームの耐震性について

三井ホームといえば、デザイン性の高さに加え、高級感のある家造りに定評がありますが、地震に強い家としても定評があり、三井ホームでは耐震性にも自信を持っているハウスメーカーだと思います。

 

 

 

今回は三井ホームの耐震に関してまとめてみました。

 

 

 

まず、地震に強い家なのか?や耐震性能について調べる時に、耐震等級を調べる方が多いのではないでしょうか。

 

 

 

この耐震等級というものは1〜3の三段階表示で、1、2、3と数字が大きくなっていくほど耐震性能が高くなります。

 

 

 

大手ハウスメーカーでは耐震等級3が標準仕様となっているところが多いですが、三井ホームでも耐震等級3は標準で対応されています。

 

 

 

 

耐震等級3という言葉だけではピンとこないかもしれませんが、耐震等級3では建築基準法に定めるレベルと比較して、1.5倍の耐震性があり、非常に耐震性に優れているということになります。

 

 

 

 

ちなみに、三井ホームでは過去の大きな震災において、地震の揺れによる全壊や半壊は1棟もなかったそうです。

 

 

 

 

そして、家具などの転倒も少なく、非常に優れた耐震性の高さが実証されています。

 

 

 

 

三井ホームの耐震性能の高さは、三井ホーム独自の「モノコック構造」にあり、三井ホームが採用されているモノコック構造は、地震の力を床や壁、屋根の面全体でバランス良く分散するといった特徴があります。

 

 

 

 

さらに、家具に伝わる力を抑えるため、家具などの転倒が起こりにくくなっており、二次被害が起こりにくいようにも配慮された家造りが行われています。

 

 

 

 

免震に関しては、「M-400」といった免震システムが採用されており、
三井ホームが採用するモノコック構法(2×6)と組み合わせることで、地震の揺れに働きかけます。

 

 

 

三井ホーム 坪単価|失敗しない値引き交渉方法のTOPへ戻る

page top