住友不動産 三井ホーム 比較

住友不動産と三井ホームを比較!戸建て住宅のケース 

住友不動産と三井ホームはいずれも国内大手ハウスメーカーで、戸建ての家を建てたい時には特に比較される機会も多くなります。

 

 

 

住友不動産は都心のオフィスビル賃貸やマンション販売も手がける総合デベロッパーで、戸建住宅としては都市型住宅の「J-URBAN」などを打ち出して若年層にも高い評価を得ています。

 

 

 

また輸入住宅のブランドにも定評があります。三井ホームは1974年創立で、ツーバイフォーと呼ばれる建築技術を国内に普及してきた実績があります。

 

 

 

 

免震構造や木造耐火構造など、業界をリードする技術力が持ち味です。

 

 

 

ハウスメーカーにはそれぞれ固有の持ち味があり、どんな設計を望んでいるのかによって向き不向きがあるので、一概にどちらが優れているか断言するのは難しいものです。

 

 

 

 

迷った時には予算と設計プランに応じて、見積もりを比較することになります。

 

 

 

 

しかしコストパフォーマンスの面でも満足のいく結果にしたい時には、やはり見積もりを出してもらう前に、展示場でモデルハウスを見て回ったり、現場見学会、完成品見学会を巡るのが効果的です。

 

 

 

 

 

その際に重要なのは、展示場・見学会での物件が実際に幾らかかっているのか確かめることです。

 

 

 

 

 

それを自分が望んでいる設計プランに照らし合わせてみれば、どの程度の予算で実現できるのか比較できるはずです。

 

 

 

 

三井ホーム、住友不動産は共にハウスメーカーとしては最大手クラスにあたるので、工法の信頼性や資材の調達に強いのが特徴です。

 

 

 

 

 

同程度の注文をした場合でも、近年流行している使われやすい建築資材ならばより安価で済ませることが可能です。

 

 

 

 

 

ただし坪単価で比較すると高くつくように見えるかもしれません。

 

 

 

 

これは独自の工法やそれらを運営するための経費を含んでいることが主な要因です。戸建の家の評価は、実際の住み心地を確かめるため、完成してから少なくとも丸1年〜数年は必要です。

 

 

 

 

 

目先のコストだけではなく、修繕やリフォームも視野にいれて長期的に見るのも大切です。

 

 

 

 

そのためには比較サイトや、知人友人やネットの口コミを参考にして判断するのも大いに有効です。

 

 

 

三井ホーム 坪単価|失敗しない値引き交渉方法のTOPへ戻る

<スポンサードリンク>



page top