住友林業 三井ホーム 比較

家を建てるなら住友林業?三井ホーム?徹底比較

住友林業と三井ホームは、木造住宅を専門とするハウスメーカーです。

 

 

 

 

 

両社とも名前の売れている親会社を持っており、且つ専門が被るという点から比較対象にされています。

 

 

 

 

両社は他の会社の木造住宅に比べると家の販売価格が高いというちょっと高級志向ということでも知られている。

 

 

 

 

 

今回はそんな両者を徹底的に比較する。

 

 

 

・住友林業のココが凄い!

 

近年の住友林業は女性視点を活かした商品を打ち出すことに邁進しています。

 

その商品とはmamatoやikikiやkonokaです。子供に安心な木材を使ったり、安心できる家庭的な空間ということをコンセプトに女性に評価される家づくりを行っています。

 

確かに価格帯が高いので高飛車なイメージもありますが、マイホームを持つお客様の場合は女性の意見が優先されることも多いですし、

 

当然お子様のことも考えるでしょうからそういったニーズにこたえようとする姿勢はさすが一流企業です。

 

 

 

・三井ホームのココが凄い!

 

三井ホームは全館空調ということをアピールした住宅メーカーです。

 

家がまるごと冬でも暖かく、夏は涼しいといった自然気候の変化に伴ってどうしても過ごしにくくなってしまう部分を自然に過ごしやすくするといったことに重点を置いています。

 

家は当然、生活をする場所なので雨風を防いだり気候の変化にあらがうことは必要な要素でしょう。家というものの核心をついているそんなイメージですね。

 

 

 

・両社の工法の違い

 

住友林業はマルチバランス工法、ビッグフレーム工法という工法を選べるのに対して三井ホームはプレミアムモノコック工法というものがあるようです。

 

工法の話をされてもわかりづらいので簡単にいうのなら住友林業は技術重視なのに対して三井ホームは顧客視点に沿った家づくりをしているということ。

 

 

 

・まとめ

 

住友林業にしても三井ホームにしても家づくりに関して一生懸命であることは言うまでもないのでどちらが良いだとかははっきりとは言えませんが、

 

 

家の知識が少しでもある方は住友林業の営業マンと話がはずむかもしれませんが、ない方は言っていることがわからないこともあるかもしれません。

 

 

一方、三井ホームは営業の方とも話しやすいかと思います。

 

 

住友林業のほうが優秀な技術屋はいますが三井ホームのほうが優秀な営業マンが多いのかもしれませんね。家を建てるときはじっくり考えて購入しましょう。

 

 

 

三井ホーム 坪単価|失敗しない値引き交渉方法のTOPへ戻る

<スポンサードリンク>



page top