三井ホーム 断熱材

三井ホームの断熱材は良い?

三井ホームでは標準仕様で、次世代省エネ基準を満たす家となっており、断熱性能や気密性能の高さが期待できますが、今回は断熱性能に注目し、どのような断熱材が採用されているのか?などをまとめてみました。

 

 

 

まず、断熱性能を調べる時にQ値、C値を参考にします。

 

 

 

Q値(熱損出係数)は、値が小さいほど熱や冷気が外に逃げづらくなり、
C値(隙間相当面積)は、値が小さいほど断熱性能が高い家という判断基準となります。

 

 

 

 

三井ホームではQ値に関しては、1.98との記載がありましたが、C値に関しては記載されておらず、これでは高断熱仕様には自信を持っていないと勘違いされてもおかしくありませんよね…。

 

 

 

そこで、三井ホームでは断熱性能に関してどのような取り組みが行われているのか調べてみました。

 

 

 

 

三井ホームが採用している「プレミアム・モノコック構法」では、木を構造材として使用していることや、モノコック構造によって、外張断熱が必要ないのに、高断熱住宅を実現されています。

 

 

 

 

そして、三井ホームでは屋根の断熱に特徴があり、屋根の断熱構造材には三井ホームオリジナルの部材である「ダブルシールドパネル」といったものが採用されています。

 

 

 

 

 

ダブルシールドパネルは2枚の構造用面材の間にサンドイッチするといったシンプルな構造になっていますが、断熱性能に加え構造耐力も非常に優れたパネルなようですね。

 

 

 

 

 

天井断熱が一般的ですが、三井ホームのダブルシールドパネルの場合は屋根断熱となり、標準で採用されています。

 

 

 

 

また、外壁の断熱材には「ロックウール」が採用されています。

 

 

 

 

 

ロックウールは、一般的なグラスウールよりも約1.3倍も断熱性が高いと言われています。

 

 

 

 

 

その断熱性能に加え、耐水性や耐火性、施工性、遮音性にも優れた断熱材として知られています。

 

 

 

三井ホーム 坪単価|失敗しない値引き交渉方法のTOPへ戻る

page top