三井ホーム 坪単価

無料!各ハウスメーカーの間取りプランや支払総額資料がもらえます♪

 

三井ホームの坪単価はいくら?

三井ホームの坪単価は、企画住宅と注文住宅を合算で考えると、(注文住宅だけは下記の記事)

 

 

 

50〜80万円 / 坪当たり

 

 

 

程度が目安と言われています。

 

 

 

ちなみに、三井ホームで建てられた方の平均的な坪単価は、

 

 

 

67万円 / 坪あたり

 

 

 

となっていると言われています。

 

 

 

全国的ハウスメーカーの平均的な家の大きさは43.3坪と言われていますので、三井ホームで平均的なサイズの家を建てようとすると、

 

 

 

約2900万円との計算になります。

 

 

 

但し、この金額は建物の本体のみですので、
これ以外にかかる、ローンや登記などにかかる諸経費、
外構・塀・車庫や照明、カーテン、空調機器などは含まれておりません。

 

これらの設備にも、400万円以上は必要になるかと思います。(安い物を買えばもう少し安く抑えられます。)

 

ですので、

 

3300万円

 

ぐらいの予算がないと、三井ホームの平均的な家が建たないということにもなります。


三井ホームの魅力的な注文住宅と坪単価の相場

三井ホームは坪単価が大手ハウスメーカーの中でも高いことで有名です。

 

 

 

 

基本的に高級住宅を建てるメーカーのため、坪単価も高く設定されているのです。

 

 

 

 

とはいってもその造りの良さやデザインの良さから高所得層には特に人気があるハウスメーカーといっていいでしょう。

 

 

 

 

 

家を建てた後の満足感が違いますし、長く住み続ける家ですから、飽きがこないというところは重要ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

その点三井ホームであれば納得の基本性能に高級感のあるたたずまいの家が建ちますので、
他の家と差別化を図りたいといった人でも満足いく家が建つはずです。

 

 

 

 

デザイン力が高いことが三井ホームの特徴の1つであり坪単価が高くなる理由でもあります。

 

 

 

 

 

 

自社の担当者が設計するのではなく、外部のプロのデザイナーが家の設計を行っているため外観や内装にこだわりがあるのです。

 

 

 

 

 

やはり家は毎日かならず帰ってきて癒しを求めるための大事な空間です、

 

 

 

 

 

 

ただ雨風を防げて眠れればいいというのでは寂しいですよね、癒しの空間で視覚的にも癒されるのが三井ホームのいいところです。

 

 

 

 

 

 

三井ホームの商品ラインナップはいろいろな面から選ぶことができます。

 

 

 

 

 

外観で選ぶ場合は伝統的な住宅デザインや現代的様式のデザインといったような外観から選ぶことができます。

 

 

 

 

 

 

また、階数から選ぶこともでき、平屋や2階建て、3階建て、そして4階建てまでラインアップされています。
特に3階建てや4階建ては三世代までの家族がみんなで住めるにはぴったりの家になっています。

 

 

 

 

 

坪単価は注文住宅であれば規格住宅と比べてやはり高くはなります、三井ホームの場合はおよそ70万円〜90万円くらいまでを見込んでおくといいでしょう。

三井ホームの坪単価、実際は!?

数あるホームメーカの中でも三井ホームは最も高級感のある家を販売しています、そのため坪単価も他のホームメーカーと比べると高くなっています。

 

 

 

三井ホームの特徴の1つとしてそのデザイン力があります。

 

 

 

 

展示場などで見たことがある人もいらっしゃるかもしれませんが、その外観や内装は群を抜いています。

 

 

 

 

 

特に三井ホームをひいきしているわけではありません、客観的に見てもやはりスタイリッシュでおしゃれなのです。

 

 

 

 

 

なぜそんなにデザインがいいのか、それには理由があります。

 

 

 

 

 

三井ホームの場合は外観や内装のデザインを外部のプロに委託しているからです。

 

 

 

 

 

 

デザインをメインとしている建築家や内装にいたってはインテリアコーディネーターにそのデザインを委託しているというわけです。

 

 

 

 

 

 

その点で他社と差別化を図っていると言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

そういった面でも坪単価が高くなっていることにつながっています。

 

 

 

 

 

 

三井ホームで家を建てたという人のほとんどが高所得者のようです。

 

 

 

 

 

 

こういった高所得層にはとても評判がいいのが三井ホームの特徴と言えます。

 

 

 

 

 

その坪単価は自分なりのこだわりを入れることで価格はさらに上がって行きます。

 

 

 

 

 

 

坪単価の平均単価は実際のところだいたい70万円〜90万円といったところが相場です。

 

 

 

 

 

 

三井ホームの工法はツーバイフォーです。

 

 

 

 

 

今ではあたりまえの工法となっているこのツーバイフォーを海外から最初に取り入れたのが実は三井ホームなのです。

 

 

 

 

 

 

実はツーバイフォー工法の場合はデメリットもあり、従来の木造軸組み工法と違って間取りが制限されます。

 

 

 

 

 

とはいっても従来の木造軸組工法に比べるとメリットもたくさんあります。

 

 

 

 

 

 

ツーバイフォーのメリットを紹介しますと、まずは地震の時の揺れが小さくて済むという点が挙げられます。
ツーバイフォーは壁工法であるため、揺れに強いのです。

 

 

 

 

そして決まったパネルを建て込んでいくという方式のため、施工が早く、工期を短縮することができます。

 

 

 

 

 

 

また、気密性が高いため断熱効果も高いといった様々なメリットがあります。
家は一生の買い物です、坪単価が安いだけで決めないで基本性能が高くデザイン面でも満足できる家を建てましょう。

三井ホームの3階建ての坪単価

最近の住宅事情としては土地の有効活用を前提とした建築住宅の販売に力を入れている業者も存在し、

 

 

 

 

そう言った業者の中でも有名なハウスメーカーとして、三井ホームと言う建築業者の存在があります。

 

 

 

 

特に最近ではこの三井ホームの提供する住宅の中でも、3階建て住宅が多くの注目を集めています。

 

 

 

 

 

一般的に日本の建築住宅と言うとほとんどの住宅が2階建てか平屋建ての住宅であるため、

 

 

 

 

3階建て住宅と言うものは比較的珍しく、そういったこともこの三井ホームの3階建て住宅が注目を集めている要因となっているのでしょう。

 

 

 

 

 

この3階建て住宅のメリットとして挙げられるポイントとしては、
やはりその住宅全体の面積に対する坪単価が低コストだと言うポイントが、この三井ホームの3階建て住宅の最大の魅力だと言えます。

 

 

 

 

 

3階建て住宅の合計面積と同じ面積の二階建て住宅や平屋建て住宅と比べても、
3階建て住宅の方が土地を有効活用できる上に、坪単価から計算された購入費用もローコストだと言うポイントも、

 

 

 

 

三井ホームの三階建て住宅の購入がオススメできる大きな理由です。

 

 

 

 

 

こういった土地を有効活用し費用も抑えられる住宅の需要は、今後もこの日本で増え続けていくことが予想されているため、
これからも三井ホームの3階建て住宅物件はますますその需要を高めていくことが予想されています。

 

 

 

 

 

住宅の居住面積に対して坪単価を安く抑えることが出来ると言うのが、この住宅タイプの一番のメリットなのですが、

 

 

 

 

こういった3階建て住宅における重要なその他の要素としては、その耐震性能も気になる要素となるのですが、

 

 

 

 

 

独特の補強構造によって建物自体の強度も補強されているので安心して住むことが出来るため、大家族での居住にも適しています。

 

 

 

 

 

坪単価を低く抑えられると言うポイントから、都市部のような人口密集地の土地に対する対費用効果が格段に優れているため、
都市部に住宅を構えようと考えている方にとっても魅力の住宅となるでしょう。

 

 

 

3階建ての坪単価は75万円〜となっています。

 

 

 

 

値引きに関しては、下記の記事を参考にしてください。


三井ホームの二世帯住宅の坪単価は!?

二世帯での暮らしは、プライバシーの問題、親世帯と子世帯の適度な距離感、それぞれの生活リズムを守りたいなど様々な問題や悩みはつきものだと思います。

 

 

 

三井ホームではそれぞれの家族のかたちに柔軟に対応するために、オーダーメイドの二世帯での住まい造りを提案されています。

 

 

 

 

オーダーメイドのため、それぞれの家族のかたちにあった二世帯での暮らしを実現させることができますが、基本的に二世帯での建築費用は割高だと言われています。

 

 

 

それに加え、完全オーダーメイドとなると更に建築費用はアップしそうですが、
三井ホームの二世帯住宅で建築する場合の坪単価は、どれぐらいを目安に考えておくといいのでしょうか。

 

 

 

 

調べてみると、三井ホームではお手頃価格な規格住宅も用意されていますが、価格がピンキリな注文住宅も取り扱っています。

 

 

 

 

二世帯住宅はオーダーメイドのため注文住宅の扱いになりますが、
三井ホームの注文住宅で建てる場合の坪単価は70万円台〜80万円台が目安となっています。

 

 

 

 

 

最後に、三井ホームの二世帯住宅の坪単価に関して参考になりそうな書き込みを見つけましたので、紹介しておきたいと思います。

 

 

 

 

 

建坪43、外構の工事や取り壊しなど全て込みで約4000万円の見積りだったそうです。

 

 

 

 

仕様としては、オール電化と全館空調の採用、共有スペースはお風呂との情報がありますが、この二世帯の坪単価は約93万円という計算になります。

 

 

 

 

 

この坪単価は工事費なども全て込みの価格となりますが、やはり大手ハウスメーカーなので坪単価も価格帯も高いという印象を受けます。

三井ホームの平屋の坪単価は!?

広い土地があると平屋での暮らしに憧れを抱かれる方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

近年、平屋住宅に対する需要が増加傾向にあり、
三井ホームでは“モア・ストーリー”といった平屋の商品が用意されています。

 

 

 

 

三井ホームの平屋住宅は、理想の空間を実現させるだけではなく、想像を超える提案力でこれまでの平屋での販売実績も豊富なハウスメーカーです。

 

 

 

 

そして、三井ホームといえば洋風住宅に定評があるためおしゃれな平屋だと評判も良いですが、三井ホームの平屋で建築する場合の坪単価も気になるところです。

 

 

 

 

三井ホームで建てる場合の坪単価の目安としては、70万円台〜80万円台とハウスメーカーの中でも高いことで有名ですが、さらに建築費用が割高傾向にある平屋での坪単価となると、さらに高くなることは予想でき、なかなか手が出ないという方も少なくないはずです。

 

 

 

 

そこで、三井ホームの平屋の坪単価や価格帯について調べてみましたので、目安程度とされて下さい。

 

 

 

 

 

三井ホームで34坪の平屋、全館空調や本体工事費などを含み値引き後の価格が約2300万円との書き込みがありました。

 

 

 

 

 

ただし、太陽光発電や外構工事などは含まれておらず、
付帯工事費や設計料、その他の手続費などを全て含めると約3000万円の見積りが出たようです。

 

 

 

 

 

また、家の形が少し凹凸があるそうですが、この平屋の全て込みの坪単価を計算すると約88万円ということになります。

 

 

 

 

 

この平屋の価格は見積もりの段階ですから、その後の変更などによっては金額のアップも予想できます。

 

 

 

 

 

やはり三井ホームの平屋住宅で建築される場合は、予算に余裕がないと厳しいようですね。

三井ホームの値引き率や限界の値引き交渉方法

比較的、高い坪単価に分類される「三井ホーム」。

 

 

三井ホームは値引きがあるのか?気になる方も多いのではないでしょうか。

 

 

結論から言いますと、値引きはあります。

 

 

三井ホームの値引き率は?

 

一概に何%ということはできないのですが、平均で言いますと5〜8%の値引き率となってきます。

 

10%してもらえば、大成功と言えるでしょう(・∀・)b

 

 

三井ホームの値引き額の限界は?

 

上記の10%が値引きの限界額といえそうですが、かなり坪数も多くトータル金額が高額な場合など、12〜13%という値引き率が出てくるとのウワサもあります。

 

 

これは、担当営業マンとの交渉しだいですので、頑張りましょう(笑)

 

 

 

三井ホームとの値引き交渉方法

 

値引きのポイントは、複数のハウスメーカーや工務店を比較する事です。

 

 

単純ですが、これにつきます。

 

 

「●●ハウスさんは総額、3000万でした。なんとか2700万にしてもらえないですか?」

 

 

 

などと話を持ち掛けると最高です。

 

 

 

営業マンもノルマがありますので、多少値引きをしてでも契約してほしいという気持ちは絶対あります。

 

 

 

しかし、他のハウスメーカーの金額を知らないまま、1社に絞ると値引き交渉が進めにくなります。

 

 

 

下記の「タウンライフ家づくり」では、一度、3分程度の入力で三井ホームやその他ハウスメーカーの間取りプランや支払総額が無料でもらえます。

 

 

いろんな会社の間取りを参考にできますので、複数の間取りが一気にもらえますのでおススメです。

 

 

タウンライフで資料請求するのに向いている人

 

●三井ホームやその他ハウスメーカーの間取りプランや総額表が欲しい

 

●気になるハウスメーカーはあるけれど、展示場に行くのは面倒。。

 

●注文住宅を建てる流れを掴めていない

 

●来年の消費税あがる前に、そろそろ動き出したい

 

●まだ何も考えてないが、とりあえず資料がほしい

 

●値引き交渉に使いたいので、他ハウスメーカーの総額表もほしい
etc...

 

 

「タウンライフ家づくり」では、それが可能です。1度の入力(約2〜3分)で、各ハウスメーカーの資料請求が無料できるため、忙しい方にも人気のサービスです。

 

 

本日現在、累計112万人の方に利用されているのも信頼の証ですね

 

さらに、今なら、「成功する家づくり7つの法則」の小冊子も貰えます

 

下記のボタンで公式ページへ移動します↓